むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 07月 15日 ( 1 )

富士山に登った話

富士山に登った。

ほんとに登れるのかな、と、不安が募って、緊張もしていた。

朝6時45分のバスに乗って出発して、
9時50分に五合目について、
10時半から登り始めて、
14時ちょっと前にてっぺんにたどり着いた。
15時半少しすぎにてっぺんから下りはじめて、
17時半くらいに五合目に着いた。

朝から夕方まで、てっぺんも含めてとってもいいお天気で、
山頂は寒いと聞いていたけれど、肌にあたる冷気が気持ちいいくらいだった。

d0134102_14535118.jpg

てっぺんからの景色は、自分の足で登り切った人しか見ることのできない、貴重な貴重な景色。
d0134102_14534596.jpg

富士山、日帰りで登れるんだなー。

どこからでも見ることのできる富士山。
「あのてっぺんに立ったんだ」って、
遠くから眺めてはじめて、けっこうスゴイことだって気づく。

富士山の山道は、易しい。
難しい岩も無いし、すべる傾斜も、でこぼこする木の根も無い。
山小屋がたくさんあり、食料も飲み物もトイレも困ることが無い。

そして、だから、のぼってる間、退屈だった。
1000m級の、木や岩や沢があって、緑に覆われた山道を行くお山のほうが、私は楽しい。

でも、ぷうちゃんが登りたいって言ったら、
胸張って一緒に登ろうよ、って言える。

またひとつ蓄えを増やすことができた。
d0134102_14540241.jpg

by shiho_kato | 2018-07-15 18:42 | 私ノート | Comments(0)