むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

図書館の自由と学校図書館と「読書指導」

簡単に、私の意見を書いておこう。

・「読書指導」において、学校図書館の貸出履歴は、生徒・教員で共有されることがあることを、貸出を始める前から生徒にあらかじめ知らせてあれば共有はOKである。あるいは、履歴を生徒に戻し見られたくないものは消してもらった上でならOKである。

・しかし、貸出履歴以外については、触れるべきではない。たとえば「自殺や殺人についての本に関心を示している生徒がいる」などということを、学校司書が教員に知らせるべきではない。
・学校図書館で借りている本が、生徒の読書のすべてだととらえたら大間違いである。それとともに、学校図書館外での読書については(たとえば購入したり、たとえば公立図書館の本を借りて読んでいるもの)、生徒の自己申告で把握すべきである。


私は小学生のときに、個人課題(私だけに課せられた課題)で、読書ノートを教員に提出させられていた。
そこに記すのは、読んだものすべてではない。また、その日読んだものではなくてページを埋めるために過去に読んだものも記したりした。
その教員が、なんの意図でもって私ひとりにその課題を課していたのかわからないのだが、少なくとも、彼の勧めた本を読もうとは思わなかった。なぜなら、読書の「量」で言えば、彼よりも私の方がはるかに多いであろうことがわかっていたから。実際、彼の勧めてくれた本は、当時の私にはとても退屈で、消化読書的なものだった。

私が高校生のときに、現代文の教員に受験に向けて個人指導をしていただいていた時期がある。
彼の勧める文章は、がんばって読んだ。テキストの一部分だけではなく、その本一冊を読もうと努力した。受験期のその読書は、時間の使い方としては負荷になっていたかもしれない。
それでも、理解できるようになりたい、わかるようになりたいと思って読んだ。彼が圧倒的に私よりもずっと多くの本を読んでおり、読んだ本も読んでいない本についても、深く理解していたからだ。


私は、思う。
「読書指導」をしたいのであれば、生徒ひとりひとりの読書の傾向を把握することよりも先に、多くの本を読んでいることが必要だ。
多くの本を読み、多くの本にふれた上で、自分の読書の姿勢と傾向とを生徒に示すことだ。
そこまでした上で「君たちの読書傾向を知り、読書指導を行いたい」と宣言することだ。



ちなみに、学校図書館にある本など、世にある本のほんの一部でしかない。

学校図書館法が定める学校図書館の資料は「学校教育に必要な資料」である。
「学校教育に必要な資料」でしかない、と言ってもいい。


学校司書として、この学校で好まれ使われる必要であろう本を頭と心と情報を駆使して選書し、生徒に沿った蔵書構築をしたいと努力しているけれど、どんなにがんばっても「選書」のフィルターを通したものしか置けないのだ。

私自身、毎日図書館に身を置きながら、この図書館の本と、ほぼ同じかそれを上回るくらいの本を公立図書館で借りて読んでいる。
この学校図書館には合わない、そぐわないが、私が読みたい本はあるのだ。
選書権を持つ私とてそうなのだから、生徒はいっそうそうだろう。



学校の中にある図書館で、互いに顔と名前を把握されている図書館で、自身の読む本が、すべて「読書の自由」を守られ、プライバシーを守られていると、無邪気に信じられるような子どもでは、私は無かった。


そして私の読書活動において「ごく一部」でしかない学校図書館の利用履歴を教員に把握されたからといって、読書の自由を侵害されたと憤るほど、私の読書の世界は狭くなかった。


そういう経験を踏まえて、学校図書館への期待が低い私は、(あるいは、リクエストには限りなく応えたいと思いながら、それだけの期待を託されるだけの信頼は得られ難いと葛藤しながら仕事をしている身として)「学校図書館」か「図書館の自由」かの二項対立はあまり意味が無いと思っている。


学校図書館における読書の記録は、生徒自身があらかじめ教員に知られることを承知していれば生徒がコントロールできるものだ。
そのコントロールを尊重すべきだと思っている。


そういうわけで、冒頭の結論に至る。



*****
学校図書館法
(定義)第二条  この法律において「学校図書館」とは、小学校(盲学校、聾学校及び養護学校の小学部を含む。)、中学校(中等教育学校の前期課程並びに盲学校、聾学校及び養護学校の中学部を含む。)及び高等学校(中等教育学校の後期課程並びに盲学校、聾学校及び養護学校の高等部を含む。)(以下「学校」という。)において、図書、視覚聴覚教育の資料その他学校教育に必要な資料(以下「図書館資料」という。)を収集し、整理し、及び保存し、これを児童又は生徒及び教員の利用に供することによつて、学校の教育課程の展開に寄与するとともに、児童又は生徒の健全な教養を育成することを目的として設けられる学校の設備をいう。


*****
図書館の自由に関する宣言
第3 図書館は利用者の秘密を守る
 読者が何を読むかはその人のプライバシーに属することであり、図書館は、利用者の読書事実を外部に漏らさない。ただし、憲法第35条にもとづく令状を確認した場合は例外とする。
 図書館は、読書記録以外の図書館の利用事実に関しても、利用者のプライバシーを侵さない
 利用者の読書事実、利用事実は、図書館が業務上知り得た秘密であって、図書館活動に従事するすべての人びとは、この秘密を守らなければならない。




# by shiho_kato | 2018-07-03 18:45 | 読書ノート | Comments(0)

「似ている」シリーズ&「目で見る」シリーズも、とても面白い

「くらべる」シリーズは面白かった。
さらに面白かった「似ている」シリーズ。
d0134102_15570612.jpg
『似ていることば』
たとえば、ふくろうとみみずく、あふれるとこぼれる、足と脚、使用と利用、舟と船などなど。

『似ている英語』
たとえば時計ClockとWatch、小さいlittleとsmall、笑うlaughとsmile、木treeとwoodなどなど。

写真で見比べて楽しい。
写真なので、インプットされやすい。
写真なので、英単語がわからなくっても一緒に楽しめる。
写真なので、似たような絵を身の回りに探してしまう。読み終えた後の余韻がハンパ無いのです。



そして「目で見ることば」シリーズ①~③
耳で聞き、言葉として読んではいるけれど、頭に浮かべることができない言葉、ことわざがある。
d0134102_15571585.jpg
「互角」が、本当に「ツノ」のことだったとは
「ひいき(贔屓)」が、カメに似た生き物ことだったとは
「引っ張りだこ」が、天日干ししているタコのことだったとは
「へそくり」「へそ曲がり」のへそは、おへそのことでは無かったとは
「じぐざぐ」は、擬音語でも擬態語でもなく、英語だったとは
「シカトする」の「シカ」が、「鹿」のことだったとは
「ぐれる」がハマグリのことだったとは
「長いものには巻かれろ」の「長い」のは、ゾウの鼻だったとは
「ひょんなこと」のひょんは、イスノキという樹になる実の鳴り音だったとは


発見の驚きは、写真で紹介されることでびっくりが5割増しになる。

一緒に立ち止まって、一緒に考えることができる。
なんだかいいシリーズだなぁ。


かつての『ピースブック』と『とっときのとっかえっこ』と出会ったときの衝撃に似ている。
人にすすめたくなる。

# by shiho_kato | 2018-07-01 18:35 | 読書ノート | Comments(0)

UPRUN 品川マラソン大会

梅雨が明けた。
夏日が続く。
体がだるい。

七月に入り、特別期間が始まる。
なんとか持ちこたえられた。


六月を乗り越えるために、小さな目標を決めていた。
朝10チャレンジ。

朝ランするときは10㎞以上を走る。ゆっくりでいいから。
梅雨時で、朝ランできなくなる日が増えるはずだから、と思ってはじめたんだけど、
雨の朝は少なくって、走れる朝が多かった。

小さなチャレンジは、昨日の朝ランをもって達成した。
がんばれた自分をほめてあげよう。
朝10チャレンジも、変化の大きかった1学期を乗り切ったことも。


そう思いながら始まった7月しょっぱなは、ハーフリレー。
暑い日でも、一度に走る距離が3㎞くらいなら、なんとかなる。
d0134102_15475350.png
1位は、私の手柄じゃなくってマサさんのお手柄なんだけど、
二人のチームで、ちゃんと走れる程度の体調を維持できた6月のご褒美として。
d0134102_15441767.jpg

終わったらシャワーを浴びて、かるたに向かう。
かるたは走ることほど単純には成果が出ない。

でも、なんだっけ、「続けることこそが才能」だっけ?「好きでい続けることこそが才能」だっけ?

******

羽生善治
「才能とは何かと問われれば、「続けることだ」と私は答えます。続けることなど誰にでもできると思うでしょうが、実はこれが最も難しいのです」
『才能とは続けられること』※NHK BSプレミアム放送「100年インタビュー」より


******

5月15日朝日新聞朝刊「折々のことば」から

才能っていうのはさ、ものすごく好きだっていう気持ちなんじゃないか。
 (宮下奈都)
    ◇
 調律の仕事の難しさにふと怖(お)じけづき、自分には才能がないのではないかと悩む若者に、先輩の一人が、才能は必要に決まっていると言い切った後、こう続けた。若者は、突然ピアノが弾けなくなった少女を支えようと仕事を続ける中、才能のようなあるかないかもわからないものでなく、「もっと確かなもの」をこの手で探り当てていこうと思い定める。小説『羊と鋼の森』から。」

*******


これらにあわせてよく引き合いに出されることわざ
「継続は力なり」

よりも

「好きこそものの上手なれ」

が合っていると思うし、私は好き。

# by shiho_kato | 2018-07-01 18:16 | マラソン、かるたノート | Comments(0)

「くらべる」シリーズが面白い

写真集に分類してもいいと思う。
くらべるシリーズ。
d0134102_15573297.jpg

『くらべる時代』では、昭和と平成をくらべる。
プリンやオムライスや公園や横断歩道や花束や果物かごやポストや。
むむちゃんぷうちゃんと、昭和の方が好きとか、平成じゃないよねとか、違いがわからないとか言い合いながら読む。

『くらべる値段』では、お寿司や金魚やサッカーボールやかまぼこや畳や中トロを比べる。
かまぼこ、片や300円、片や3,600円!!!

『くらべる世界』では、世界のじゃんけんやフルーツパフェやぎょうざや折り紙を比べる。

『くらべる東西』では、東京の銭湯と大阪の銭湯を比べ、関東のおいなりさん関西のおいなりさんを比べ、関東の卵サンド関西の卵サンドを比べる。


どうして違うんだろう、何が違うんだろう、どこが違うんだろう。
ワクワクくすぐられる。


ひとりで読むよりも誰かと一緒に読む方が遥かに面白い本がある。
あれこれ言い合うのが面白い。
どうして、何が、どこがに、あれこれ推論を立て合うのが面白い。


ぷうちゃんやむむちゃんには、もっぱらマンガや小説の「物語」をお勧めしてきた。
物語じゃなくっても、一緒に楽しめる本があると知ったら、急に世界がぐいぐい広がる。

# by shiho_kato | 2018-06-29 18:08 | 読書ノート | Comments(0)

ぷうちゃんの「検定を受けない」②問題の解決方法

ぷうちゃんのプール問題を悶々と抱え、
そこへ滅多にない外出や急な仕事が飛び込んできたりして
連日、帰りが一時間以上遅くなる日が続く。
ぐったりしている。

ぐったり帰宅すると、恐縮して粛々と宿題をするぷうちゃんと
部屋中をとっちらかして(彼女の部屋はもちろん居間も彼女のちらかしが増長している)その中に座り込んでスマホをいじるむむちゃんの姿が目に入り、自制のストッパーが吹っ飛んで怒り爆発。
最近では滅多に無かったことで、自分でも自分の腹の立ちように驚き疲れる。




食事を作ること、片付けること、お風呂を用意し、洗濯をし、洗濯をしまい、洗濯をたたみ、子どもたちの寝る時間をコントロールし、食材を確認し、明日の夕食を考え、学校への提出物を確認し、宿題のわからないところを教え、明日のタイムスケジュールを確認し、部屋の温度調節をし。。。
疲れても、苛立っても、不安でも、疲れ切っていても、この家の中で起こるすべては私がなさねばならぬのか。中学生なのだから、その一端でも手伝いやがれ、と思う。

言われなくても決められなくても割り振られなくても、家族の一員としてできることをしやがれ、と思う。


いかんいかん、怒りのマグマに流されては。
苛立ちの爆発の引き金となっているぷうちゃんのプール問題をなんとかせねば。



そう思ったところで、手段はさして多く無い。
数少ないできることを列挙し、担任アタックは先日失敗しているので、渋々ながらスクールカウンセラーにとりあえず電話をしてみることにした。

ぷうちゃんのことを話せなくても、
親である私がそれでまいっているということを話せれば、多少は今のイラ立ちが改善されるかもしれない。


電話は通じなかった。通じないことにホッともした。
人に話すのは、また並々ならぬ勇気がいることだから。

仕事に励み怒りそのものも忘れた頃に、電話がかかってきていたことに気づく。
着歴への折り返し。一度ならず、二度、三度。
お昼休憩の時間に着歴に気づく。
かかってきた電話に出るのは、電話をかけるよりも気楽だ。

やっぱり話してみよう。朝よりトーンダウンしている自分を信じて。
相手はプロだ。そこを頼みに。


・数年前から水泳の検定で笑われたのをきっかけに、検定がイヤだと言っている。
・イヤが続けば学校を休むであろう。
・前日の水泳の授業も見学に〇をしてようやく学校へ行った。
・私はどこまで励まし、どこまでがんばらなくて良いとすればいいだろう。
・担任の先生には、ひと月前に発表のプレッシャーが強くなり学校を休みたいと言っていることを相談した。
・相談に対し、予告なしの不意打ちの発表という方法にて対応したことに対し、子どもも親も担任へは信頼を置け無いと感じている
・そんなわけで、本日の主訴は、次回の水泳の授業は検定であると予告されており、その日、がんばらせたらいいのか、無理を強いずに見学に〇をつければいいのか、どうしたらいいか困っている。
・もし可能であるなら検定を、プレッシャーにならない方法で実施できないだろうか。

そこまで話し切ることができた。私にしては上出来だ。



彼女は、
・前回二年前の面談以来、折に触れて元気かどうか様子を見ていること。
・今日も見かけたこと。わかっていれば今日本人から話を聞けたのに。
・体も大きくて、しっかりしているので、やればできると誤解されるタイプであること。実際はそうではないことを理解している。
・担任はまだ3か月のつきあいで、誤解したままで対応を考えてしまっているようであるので、少し丁寧に本人の特性を説明し、本人の困りごとと、どうして欲しいのかも、話してみよう
・当面、まずはせまっている次のプールの授業がプレシャーにならない方法(学校を休むことなく来られる方法)を、担任と話してみよう

と言ってくれた。
その後も気に留めていてくれたこと、特性を理解していてくれたことに、安心した。
安心できたので、お任せしてみる気になった。


夕方、担任から電話があり、話したことは的確に伝えられていた。
・わかっていそうに見える、という理由で発表を指名するやり方は、本人の負担になると認識した。
・検定は、みながプールをあがった後に行なったり、自由練習のときに観察する方法で記録をとったり、自由練習をしている脇でこそっと行ったり、いくらでもやりようがある
・どういう方法がいいか本人と相談して決めたいと思う

あわせて、
・手をあげての発表はしないけれど、個性的でユニークな考えを持っていて発表の形でなければそれを口にすることもあり、グループでの話し合いでは楽しそうに発言もリードもするし、注意深くまわりを観察していて正義感の強いふるまいをするのも見てとっていること
・私も水泳は得意ではないので、気持ちはわかります

と話してくれた。
肩の荷が、すーーーーーーっと下りた。




帰宅して、ぷうちゃんに、先生に相談したこと、先生が言っていたことを、伝えた。
破顔一笑。泣き顔と紙一重の、
「いいの!?ほんとうにいいの!?検定、みんなの前で泳がなくていいの!?やったー!?」


その喜びように、良かった。話して良かったと、つくづくと思う。
スクールカウンセラーはスクールカウンセラーの、教員は教員の、私は親の
三者それぞれ忠実に役割を果たしただけのことだけれど、それで良いのだ。

******

私の問題解決方法のデフォルテは、
「自分が耐える。自分がガマンする。自分でなんとかする」自力本願だ。

今回の実践は、
問題を他者に共有してもらい、解決方法を共に探る、という協同型の解決方法だ。


教員と親子の二者関係だったならば、これほどスムーズには行かない。
教員と親子の二者関係に、第三者が介在し監視し観測するから、双方、理性的に「良い解決方法」を探すことができた。


今回のことで、
ぷうちゃんが、協同型の解決方法を自身のスキルとして身に着けてくれたらいいなーと思う。

困ったと口にしていい。
イヤだと口にしていい。
ツライと口にしていい。
それを受けて、じゃぁどうしたらそのツライ、イヤだ、困ったを解決できるか、一緒に考えてくれるオトナが居る。自分の味方だと思えなかったオトナですら、一緒に考えてくれる。当初、味方だと思えなかったオトナは、意外とよく見ていてくれた。誤解もあるけれど、理解もあった。

そのひとつの経験になってくれたらいい。

この先に、困ったこと、イヤだと思うこと、ツライと思うことを、誰かと共にだったら解決できるかもしれないと思えば、「助けて」が言えるヒトになれる。
「助けて」が言えるヒトは、強いんだ。
人を信じる気持ちや、自分を開く気持ちや、助けてと言ったところで自分が損なわれないと知っているヒトは、強いんだ。


・・・・・・

自力本願の解決方法は弱い。強く見えて、弱い。
問題解決を自身ですべて背負おうすると、
問題の発生は他者によるものとの理解が大きくなり、他者を厭う。
他者との関わりを極力減らし、他者を排除しようとする。
ガマンや忍耐は、自分の自然な感情を裏切り殺すことであり、うまくいってもすり減る。
うまくいかなければ、自己の力不足に打ちのめされる。
ひとりよがりは、肯定される私を失っていくばかりだ。
いいことなど、たいして無く、生きていることを恨めしく思うことが増える。


もともと持っていた方法がそういう解決の仕方だったから、なかなか生きにくく、長く苦しんだけれど、
生きながらえて、チャイルドラインやソーシャルワークや学校で仕事をすることで学んできた知識と、見聞きしてきた経験とをかき集めて、異なる解決方法を取れるようになったということだ。

その結果、あまり信用できそうにないと思っていたスクールソーシャルワーカーの力を頼ることができ、
不安しか感じなかった担任を思っているよりはずっと見てくれていて考えてくれていることを知ることができた。
彼女たちが、もちろん仕事として役割としてであれど、きちんと我が子を見ていてくれることを知り、
嬉しくもなり、安心もし、荷が軽くなった。

ぷうちゃんの晴れやかな笑顔を見れば、感謝する気持ちがふつふつこんこんと湧いてくる。


どうか、三人のおとなが少しずつがんばったことが、ぷうちゃんの栄養になりますように。


・・・・・・

そんな思いで眠り、目覚めた朝、テレビでは佐々木正美さんの言葉を紹介していた。

親が希望する子どもにするのではなく、子どもが希望する親になりましょう。」


子どもが希望する親になろうとすることで、
私は私を少しずつラクにしてあげられているような気がする。


ひとりでがんばらなくっていい。
むしろ、ひとりでがんばらないほうがいい。

# by shiho_kato | 2018-06-28 18:38 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(1)