むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2008年 最後の夜空

d0134102_21605.jpg

2008最後の夜に
見上げた空に
星と月
by shiho_kato | 2008-12-31 21:06 | Comments(0)

年末 お餅つき

d0134102_1321355.jpg

d0134102_1321353.jpg

毎年恒例の庭先での
お餅つき。
焚き火を起こし、もち米を蒸らすところからはじめて、杵と臼でつく。

今年は冷たい風が強く吹いているので玄関先で。
昨年はむむちゃんがインフルエンザで参加できなかったから
今年はずっとずっと楽しみにしていた。

にぎやかな声と「さぁつくぞ~」に、室内から観戦。

子どもたちは甘い匂いに誘われて、もち米をつまみ、まだ粒の残るお餅未満をつまみ、つきたての臼に杵につくお餅をつまみ。

ひと臼目はのしもちに、
ふた臼目はかがみもちとまるもちに。

子どもたちも小さい手でせっせとお手伝い。

むむちゃんは、みんなでいただきますをする前に、横になる私のもとに「むむがつくったおもちだよ、おいしいよ、ママたべてね」とあんこもちをお皿にのせて運んでくれた。

ぷうちゃんもむむちゃんもつきたてのお餅を、お腹がおもちのようにふくらむほど、たくさんたくさん食べた。
by shiho_kato | 2008-12-31 13:21 | Comments(0)

寝込む年末

発熱と
割れるような頭痛、
下腹の鈍痛、
圧迫感のある腰の痛み
そしてムカつき…

一年の疲労物質が体の隅々まで

一年ちょっとぶりの帰省も親孝行どころか…

子どもたちの遊興に水をささぬよう心配をかけぬようじっと耐えて眠る


2年前の年末の帰省もこんな風だったな


年賀状はあきらめた
by shiho_kato | 2008-12-30 18:40 | Comments(0)

年末の都心

仕事納めをして実家に帰ったものの、今日は出勤
ぷうちゃんむむちゃんを母と父に預けて出かける
いつもより一時間早い出発

電車も都心の地下鉄も空いている
年末モード

二時間の打ち合わせを挟み
まえ一時間とあと二時間を
仕事納めの日に出来なかった片付けに費やす

あと少しもう少しとするうちに
帰りの電車の時間
これに乗り遅れると大変
駅まで走り乗り換えも走って席についてホッとしたとたんに空腹に気づいた
そう言えばお昼、食べてなかったなぁ…


実家のある地域から、通勤している人は多い
父と母の手を借りて子どもたちを育てながら
通勤するのも可能かなぁ
と頭を巡らすことは度々だけれど、
あらためて難しいな…とさとる
結局は時間との闘い
通勤での消耗との闘い

子どもたちとの時間と
通勤の体力を考えると
職場近くに住まうのがいちばんなのだろうなぁ
などと空腹をごまかしながら考える
長い長い実家までの帰途
by shiho_kato | 2008-12-29 15:52 | Comments(0)

帰省

実家に帰る日

考えてみたら
昨年、ぷうちゃんを産みに里帰りして以来。

足を運ばずに一年以上が経っていた
電車でも車でも二時間程度の距離なのに。

車の中で寝てしまったぷうちゃんと
到着後、一緒にひたすら眠り続ける


羽を休める場所にやっと戻ってきた
by shiho_kato | 2008-12-28 16:52 | Comments(0)

一年を少しずつ終えていく

今朝は2時ころお腹の鈍痛で目がさめ、
うつらうつらしながら5時まで布団の中ですごした

5時になって起きだすと間もなくぷうちゃんも
起きてくる

まだ時間は早いのだけれど
ぷうちゃんのお目目はぱっちり
熱は下がったよう

そのまま午前中は鈍痛を抱えて
体に力が入らないまま、だらだらと過ごす
K氏が、はじめて大掃除を自らとりかかるのを
見ながら、横になりたい気持ちと戦い、
身の回りだけ片付けてみる

大掃除ありがとう、のひとことをかけられない自分を責めつつ
ぷうちゃんの早起きにともなう早いお昼寝に付き添うように
一緒に寝てしまう

お昼を過ぎて体があたたまってきて
徐々に体調も回復

しごとおさめ、での、脱力なのかな、
と、過去数年分のこの日を振り返る



この一年は、新しい局面を次々と迎え入れる日々だった
そのひとつひとつを、クリアできるできないなど
振り分ける余裕などなく、
すべてすべてに身を投じ続けた一年だった

年末に向けて、少しずつおだやかな日々が増え
おそらくはきっと、
ひとつの山を越えて進むことができたのだろうな
と、おぼろに感じながら、
私自身を振り返っては、不十分で、力不足を、実感し続けた一年に
体の重さばかり

今夜もらった言葉は、
越えられたこと、
自分自身で思うよりも数々の力を引き連れて
前へ進んでいることを
教えてくれた

そんな風に寄り添いながら、
ひっぱってくれた
そのあたたかい手に、感謝の想いをこめて
今年はよくがんばったね、と、
あと残された4日のうちに
素直に言える私になりたいと、思う

そして、来年もがんばろうね、と、
肩の力を抜いて、言えるように、と、思う
by shiho_kato | 2008-12-27 23:59 | 私ノート | Comments(0)

忘年会

今日で仕事じまい

職場も
保育園も
今日でおしまい

朝からとにかく今日片づけなくてはならない仕事
昨日一昨日は年末の支払い業務で
電卓を片手に過ごす

今日は年が明けてからの日程調整のために
ひたすら電話かけをしては
メールを流す
繰り返し

そして少し早めに
けりをつけて
忘年会モード・・・
は、ぷうちゃん発熱の報で
いそいそと帰り支度

保育園も父母会のあと
忘年会の予定だったけれど
こちらもいそいそと帰る

静かに終わるしごとじまいの夜

サビシイキモチガ胸を満たすけれど
それもふくめてまるごと、
今年らしい、終わり方・・・です
by shiho_kato | 2008-12-26 21:40 | 私ノート | Comments(2)

クリスマスの夜

d0134102_2129310.jpg

クリスマスの夜は
キャンドルナイトにした

少し疲れた気持ちと体とを
キャンドルの灯りで
落ち着かせたくて

ゆらゆら揺れる灯りの中で
むむちゃんの提案でお母さんごっこをする

お母さんはむむちゃん
お姉ちゃんは私
弟がぷうちゃん
妹で赤ちゃんはお人形のあきちゃん

お母さんはあきちゃんのお世話で大変なので
お姉ちゃんはせっせとお手伝い
ごっこ兼本来の仕事の
弟のぷうちゃんのお世話にお洗濯たたみにお洗濯干し
お母さんのむむちゃんが
「お姉ちゃん、助かるわ、本当にいつもありがとう」
たくさん感謝とねぎらいの言葉をかけてくれる

いつもの仕事すら放棄したいはずの重たい体が
ふと軽くなって
キリキリする気持ちが消えた

むむちゃんがかけてくれた
魔法
by shiho_kato | 2008-12-25 21:29 | Comments(0)

サンタさん、ほんとうにくるの?

クリスマスの夜
寝た子のところにしかサンタさんはこないよ
と、いそいそと寝る支度

ぷうちゃんは興奮しすぎて
いつもに増して
寝つきが悪い

「ぷうちゃん、早く寝ないとサンタさん、こないよ~」
と何度か声をかけていたら、
むむちゃんが
「ママ、やめて」
と。

「保育園にくるサンタさんにはなれたけど、
おうちにくるサンタさんにはぷうちゃんはなれてないからさ、
ママはぷうちゃんにこう言って
『はやくねないと、背がおおきくならないよ』って」

そして、むむちゃんは小さくつけくわえた
「むむだって、こわいんだから」

去年のむむちゃんも、
サンタさんがうちに入ってくることをこわがった

今年のむむちゃんも。

賢く聡明で、思考が早熟なさまを
あちこちに見せるむむちゃんが
サンタさんがこわい、ということに、
なんだかうれしくて、
なんだかほっとした

むむちゃんも、
ちゃんと子どもの時間を過ごしている
by shiho_kato | 2008-12-24 21:40 | Comments(0)

メリークリスマス♪

d0134102_2015027.jpg

クリスマスイブ

毎年の定番で
ビーフシチュー、
チーズとスモークサーモンのサラダに
クリスマスケーキ

昨晩中にビーフシチューを作り
朝からケーキを焼いてサラダを作る

仕事の帰りに美味しいパンを買って。


むむちゃんはいつもに増しておしゃべり。
ぷうちゃんはビーフシチューをつけたパンをぱくぱく食べた。


ケーキにろうそくを灯して
むむちゃんが歌おう、と。

何を歌うかと思えば
「ハッピーバースデー サンタさ~ん♪」

そしてぷうちゃんと二人でふ~っと吹き消した。
ぷうちゃんは熱狂的にケーキを食べ、むむちゃんはサンタさんがわかるように、と
「コとしもすてきなぷれぜんとお おねがいします つむふう」
と大きな字で手紙を書いた。

一年、よいこでがんばったふたりのもとに
サンタさんは必ず来てくれるよ♪
by shiho_kato | 2008-12-24 20:15 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)