むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 09月 ( 167 )   > この月の画像一覧

むむちゃんの勉強机@カエルさんの机

d0134102_19472728.jpg

宿題が増えたむむちゃん。

教科書を読む「本読み」以外の、計算プリントと作文は、
「勉強机」に出かけて行ってする。何やらはかどるそうな。
それは良かった。

ね、カエルくん。
by shiho_kato | 2010-09-30 19:47 | 学習ノート | Comments(0)

バッタをつかまえて、一躍ヒーロー!!

d0134102_19341497.jpg

またまたお家の中にバッタが。
外と中の出入りのいいお家です♪

怖い怖いと大騒ぎの子どもたち。手でパッと網がわりに被せて這い上ってきたところを、そっと押さえる。
パチパチ拍手と、ママすご〜い!の歓声。
雨の中ごめんね、と心の中で謝りながら、窓からぽんっと、サヨナラをする。
by shiho_kato | 2010-09-30 19:34 | 自然ノート | Comments(0)

雨のお散歩@保育園の帰り道

d0134102_18463560.jpg

雨の中の帰り道。

今日は午前と午後と時間ツメツメで、地下鉄でしか一息つけなかった。

おのずと足取り重くなる帰り道だけど、むむちゃんも来て、ぷうちゃんは文句もふにゃふにゃも言わず、「ママ、えいごいったげよぉか?」

「うん、言って」
「アチャベリプルリッチャ*!¥〇∞☆§@」

ハハハ、大笑いはできないけど、フッと力が抜ける。
むむちゃんは、ママの傘かりちゃった〜と、スキップしながら、先に行く。


みんなそろって家に帰るんだなぁ、と、なんだかふかぶかと思った。
by shiho_kato | 2010-09-30 18:46 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

ぷうちゃん、ありがとう

d0134102_13385386.jpg

昨日の夜から頭が痛くて、今朝も不調。
なのに、なんで雨!
雨にまで、腹が立つ。


私のイライラは、すぐむむちゃん、ぷうちゃんに、集中放下となる。

にも関わらず、今日もご機嫌で居続けてくれる、ぷうちゃんに感謝。

むむちゃんにごめんね。


薬を飲んで、企画書を書いてたら、頭の痛いのなくなった。

帰ってきたときには、笑顔でいられますように。
by shiho_kato | 2010-09-30 13:38 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

有言実行、貫徹!まで、あと一歩。

d0134102_13295739.jpg

先日偵察に行った、企画の公募。
今日締切ということで、朝からひたすら書類を書き上げて、ファックスし続けています。(ファックス提出OK)

もらってきた紙の枚数分出してやる〜!
と、宣言して、友達に紙をわけた分を差し引いて、11企画、送りました。

残りのあと一枚。

何を書くか?ではなくて、どれを書くか、で、検討中。
しぼりきれないよ〜。
どれにしよう…。


タイムリミットが〜(涙)


いい迷惑かな?
公募企画係さん。

おんなじ人から何通も。
だけど、結構考えて、
小さい子育て親向け、
小中学生向け、
小中学生親向け、
中高生&中高年向け
シニア向け
ノーマライゼーション系
日本伝統系

あとは?

どうしようかなぁ。


もう一枚になって、急に欲が出ちゃう。



さっき、HPを見て恐ろしいことに気づいたんだ。
当然この紙だけじゃなくて、後日、様式にしたがって予算書付き企画書をださなきゃならないってこと。
連絡きたら、その時に、1日がんばろ〜。

それまでは、忘れてしまえ、だ。


欲張りな私。
だけど、こんなにやりたいことがあったなんて、ビックリだ。
by shiho_kato | 2010-09-30 13:29 | 私ノート | Comments(0)

今朝の夢@「ガラスの城駅」「シンデレラ城駅」&犬の遠吠え

d0134102_20511357.jpg

今朝見た夢は、私服警官になった夢だった。
郊外に新しくできたばかりのショッピングモールに私鉄で向かう。

中島駅から、ガラスの城駅や、シンデレラ駅を経由して。

その予定なのに、いつまでたっても、ターミナル駅っぽい中島駅の地下からのエスカレーターに乗り続けていて、話はちっとも先に進まない。

新規性を求めるったって、あんまりにナンセンスな名前だよね、と、おしゃべりして。


突然にそのショッピングモールの中に場面を移して警察官の使命を忘れて目がすっかり買い物モード。


BGMに朝4時くらいから、犬の悲しい鳴き声が聞こえていて、二度寝しようとすると、中島駅からのリフレインで、浅い眠りの中、というより、すでに覚醒してる中でムリヤリ夢を見続けていたような。

かんっぜんに、寝不足。

明日の朝は、彼が(近所の犬が)悲しく鳴かずに済みますように。
by shiho_kato | 2010-09-29 20:51 | 私ノート | Comments(0)

はじめて算出してもらいました生活保護基準。私を含む知り合いの多くが、保護基準以下の収入だわ。ということが判明♪だからどうした。

区役所のおばさまに言われた通り、地域支援センター、いわゆる支部に行くことにする。

「そちらの方がいろいろなことに対応していますから」って。

じゃあ、なぜ手続きを区役所(本部)でしかできないようにするわけ?

支部で必要な手続きを総合して全部して、本部は申請の調査だけすればいいじゃない。


エイっ、エイっ、と自転車をこいで。

確かにこちらの方は親切でした。相談対応の方が、全部とりまとめて話しを聞いて、仕分けしてくれました。


少し溜飲が下がる。


ちなみに、今の本部のおばさんの話のままの状況から算出すると、お金の話だけ言えば、生活保護基準額以下で、来年は生活することになるそうです。


なんだかよくわかった。
働かずに生活保護をもらい続ける方が楽ですね、って、一瞬そういう気になった。


仕事をいったん辞めて、公立の保育園に変わり、もっと家賃の低い狭い場所に引っ越し…それで?



だけどね、お金に変えられないものがあるんです。

休職していてもふと職場を恋しく思ったり、お友だちママさんとか、保育士さんの支えとかに救われ続ける私であり子どもたちであり、遊べるだけの空間を保持していて保てる安定とか、おとなりの大家さんや、お向かいさんや、逆のおとなりさんのあたたかい声かけとか。


日々を営むことは、数字に換算できない価値に、満ちている。


ま、いいや、なんとなく生きていけそうだから。


数字だけ見れば、きっと去年からずっと生活保護基準以下の収入で生きてきたはずだから。
でも、何も我慢したり苦労してないし。


生きていける気がする間は、このままがいい。


せっかくの青空だから、青空らしく爽やかな気持ちで軽やかに過ごそう。
by shiho_kato | 2010-09-29 16:40 | Comments(0)

縦割り行政に、思わずたてついてしまいました。あちらも慣れたもので立て板に水?爽やかな青空を返せ〜!

今日は朝から区役所へ。
あまり気は進まないけど、さっさと済ませないと、気がかりなので。


「児童扶養手当」、業界用語でいう「じふて」の更新に。

8月にペラ〜っときた紙に書いて提出したけど、音沙汰なし。5月の時に、窓口のおばさまに「次の8月の時に『現況届』が届いたら、用紙に書いて持ってきたらそのばで証明書、出してあげるから!」と、言われていた。
けど、通知には「郵送で極力お願いします」とあった。
ので、気の弱い私は遠慮して、郵送にして、イマまで待ってたわけさ。
でも、なんの連絡もないから足を運んだら、11月くらいに通知します。

さらに、今後一年間私は「じふて」ほか、ひとり親関係の手当てや医療保険の適用外になるそうです。

去年の収入が限度額を超えてるそうで。
病気になるくらいというかなったけど働き続けていたのが、仇になったってこと?
医療費はその分増えてるし。

「現況」は無収入の療養中で、二人の子ども扶養中。

去年のことが基準になるものなら、『遡及状況届け』あるいは『前年状況届け』にしろっつ〜の。


しかも「その場で出せる」と、「11月まで無理」の説明の齟齬の理由は、不明。何度せまっても、「わかりません。担当者が勘違いかなにか……」
って、あなたたちのお給料、私のなけなしの住民税がほんとにチョロっとだけど、入ってるんだから。

顔はにこやかに、「児童扶養手当の対象にならないということは、他にどのような影響がありますか?」
と聞いたら、
「他の部署のことはわかりません」ってさら〜っと。

マジメにキレてしまいました。

「一職員のあなたに言っても仕方ないんでしょうけど、わかりませんってどういうことですか!基準を決めるここが、その影響がどう派生していくのか理解されていないというのは、いったいどういうことなんでしょうか?」
って。
はじめの一言がいちばんムカつくだろうなぁ、言われたら。
そのあと、何言われても耳に入らないだろうな、私なら。
そんな意地悪な言葉が次々と。



こんなこと言ってる自分がイヤだ、と思いつつ。



青空を不愉快な気持ちにしやがって〜!
by shiho_kato | 2010-09-29 16:11 | Comments(0)

ぷ「きょうはなんのひ〜?」私「あ、弟の誕生日だった…」@昨日の夜

昨日のにぎやかな夕飯にはしゃいだぷうちゃんは、
「今日はなんのひ〜?たんじょうび〜?」

あ、そうだった、弟の誕生日だった〜…。

ぷうちゃんは、「ハッピーバースデーぷうちゃ〜ん♪」と、歌っておりました。

妹、弟の誕生日、過ぎちゃった。弟はいいけで、Mちゃん、ごめんね(x_x)
by shiho_kato | 2010-09-29 15:30 | Comments(0)

みんなで食べればなんでも美味しい楽しい夕飯タイム♪

保育園についてから、Mちゃんのママに一緒にご飯食べようメール。

むむちゃんからは、「お味噌汁のお湯がなくなっちゃった。どうしたらいい?」のお電話。水をコップに三杯足してね〜、と。

お夕飯一緒に、は、話成立で、ぷうちゃんを連れて帰ってさっさと用意して、さっさと食べ始める。

むむちゃん、ぷうちゃん、Mちゃん、Mちゃんの妹のMちゃん、Mちゃんのお母さんのFちゃん。
総勢6人。ワイワイ、味わうというより、楽しむ夕飯。円卓だと、何人でも融通がきくのがうれしい♪

食べ終えた順に遊びに入る。7時半にはお開きできるように、お持たせでいただいたデザートのアイスクリームを食べて、お風呂の用意。アイスクリーム、私だけ当たりだったよ!
子どもたちのテンションは最高潮で音楽にあわせて躍りくるっている。
d0134102_13294931.jpg


だけど、ここは、バッサリ。
お風呂の用意ができたから、バイバイの時間だよ〜♪

ぷうちゃんは
「ママと〜、ぷうちゃんと〜、むむちゃんと〜、Mちゃんと〜、Mちゃんの妹のMちゃんと〜、Mちゃんのお母さんのFちゃんと〜、いっしょにおふろにはいりたいっ!」

ん〜、ちょっと無理かな〜。じゃあ、今度みんなで温泉行こうね〜。

見えなくなるまで、バイバイを言い続けました。

お風呂に入って、宿題もして、いつも通りの就寝時間。これなら大丈夫。

楽しい気持ちでお休みなさい。
by shiho_kato | 2010-09-29 13:29 | 社会&地域&子どもノート | Comments(0)