むむちゃんの散歩道

mumugi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本屋大賞 辻村深月『かがみの孤城』の受賞後のメッセージ

今年の本屋大賞の、ノミネート作の中から選ぶなら、
間違い無くこれ。

作品については、以前、読了の感想を書いた

作品もとてもいいのだけれど、
輪をかけて、辻村深月の本屋大賞受賞後のインタビューがとてもいい。

あちこちにコメントは取り上げられていたけれど、
最も長くまとまっているこちらのインタビューは、
作品と共に、
いや、いっそ、作品と切り離しても、読む価値がある。

yahooニュース「「不登校する勇気はなかった」辻村深月が本屋大賞受賞作に込めた思い」
(2018.4.11配信)


デジタルの記事は、時間がたつと消えてしまうから、全文テキストでこちらに写し取りたいけれど、
著作権的にはマズイだろうから、自粛。
どうぞ、消さずにいつまでもリンク先が残ってほしい。
このメッセージに勇気づけられる人、息を殺して生きる自分を肯定できる人が必ず居るはずだから。

かつての私がそうだ。

*****

不登校新聞の石井志昂くんの質問に答えた彼女の言葉。
「中学生のときから、不登校は“逃げた”ではなく“休む勇気”を持った子たちだと思っていました。私にはその勇気はなかった」

これは私の言葉だ。
繰り返し繰り返し、あちらでもこちらでも書いて話してきた。
10代のころの私は、レールの外に、枠の外に出ることができなかった。
身体を壊すところまで行ってはじめて、休むことができたんだ。

だからこそ特別な場所ではない、みなと同じ場所に身を置く子どもたち「フツー(に見える)の子どもたち」にこだわって、チャイルドラインで仕事をし、いま学校という現場で仕事をしている。


*****

インタビューの中のスクールカウンセラーさんの言葉がいい。
・・・
『この(スクールカウンセラーの)仕事は風のようであってほしい』

『○○先生のおかげで今がある』と名前に感謝されているようではまだまだで、気がついたらつらい時が終わっていた、いつの間にか高校生になっていたと思われるくらいでちょうどいい。その時に自分を引っ張り上げてくれた風のような感触だけが残ればいいんだと。
・・・

これも繰り返し書いてきたことだけれど、「やり過ごす」は大事なキーワードだ。

子どもたちに「打ち克つ力を持って」「立ち向かう勇気を持って」そういう励まし方をしたくないんだ。
今をいちばんツラい時を、ぎゅっと目をつぶって、そっと息をのんで、やり過ごすことさえできればいい。
やり過ごすための場所、やり過ごすための目をそらしていられるだけの「何か」があればいい。


私にとって、図書館も、本も、映画も、マンガも、そしてかるたも、走ることも、旅をすることも、目をつぶることも、ため息を長く吐くことも、お風呂の中で本を読むことも、その「何か」だ。

たいていのことは、時が運び去ってくれる。
たいていのことは、きちんと過去になってくれる。


そういう「何か」を、「あなた(や、その周辺)を見ていると得られ」そうな気がする。

そういう人になりたい。
そういう図書館でありたい、そういう家庭でありたい、そういう友人でありたい、そういう他者でありたい。


辻村深月は、小説として作り出し、職業として背負っている。
立派です。



本屋大賞を受賞したから、という理由で、むむちゃんが『かがみの孤城』を読み始めた。
私とはまったく違う感性を持つ彼女は、どんな感想を持つのだろう。
読み終えたあとのやりとりが楽しみだ。
とても、楽しみ。

私たちに、共読のきっかけを落としてくれる本屋大賞に、感謝。


by shiho_kato | 2018-04-11 21:48 | 私ノート | Comments(0)

子どもたちのなりたい職業

ランドセルのクラレが毎年調べている「新小学1年生の「将来就きたい職業」」が発表された。
子ども自身の就きたい職業と、親の就かせたい職業と。

【男の子】
1位「スポーツ選手」、2位「警察官」、3位「消防・レスキュー隊」
「スポーツ選手」調査開始以来20年連続で1位/「ユーチューバー」への関心高まる

【女の子】
1位「ケーキ屋・パン屋」、2位「芸能人・歌手・モデル」、3位「看護師」
「医師」が過去最高の比率に/「美容師」など、新小学1年生でもおしゃれに興味

【男の子の親】
1位「公務員」、2位「医師」、3位「スポーツ選手」
「公務員」人気が続く/「スポーツ選手」は過去最低の比率に

【女の子の親】
1位「看護師」、2位「公務員」、3位「薬剤師」
医療系への関心がさらに高まる/「保育士」は20年前から半減

全文はこちら☆彡


*****


ぷうちゃんが、職業調べで「図書館の司書さん」を調べたそうだ。
将来就きたい職業に、「とりあえず「図書館の司書さん」」と書いているそうだ。

高学年になって委員会がはじまり「図書委員」を希望したそうだ。
じゃんけんに負けて「飼育委員」になったそうだけれど。


むむちゃんも、小学校と中学校での職業調べの課題では司書を調べていた。
小学校での委員会は図書委員をしていた。
今は、本に携わる仕事もいいけど、音楽に携わる仕事もいいな、と思い始めているそうだ。
「まだまだこれから変わると思うけど」と呟く。
自分の世界が広がりつつあることを自覚しているようで、頼もしい。


子どもたちが、私の就いている職業を選ぶのは、
最も身近な大人の就いている仕事であって、何となく仕事の内容をイメージしやすいからだ。

そして、願わくは、その職業で働いている今の私の姿を肯定しているから、とも思いたい。



どんな職業に就いてもいい。

その仕事に呑み込まれることなく、
「私は私である」ことを補強するための材料の一つとして、働く自分を身にまとえばいいと思う。



チャイルドラインのときの全身全霊120%まっしぐらで、達成度150%。
出した成果としては、身の丈を何十倍も越え、過ぎたるほどではあったけれど、
身を削り、ボロボロにもなり、我を見失うところまで行きついたあの頃の自分を、「良し」とだけ思うことはできない。


いま、60%くらい司書っぽくなってきたけれど、どうも司書道まっしぐらには人生注げない、と思っている。
かるたをしたり、走ったり、母である時間をしっかり味わおうとしている今のほうが、生きているのが楽しくて、生まれてきたことを引き受けることができて、百倍は好きだ。
私は、私の人生を、私が生きるために、生きている。


むむちゃんやぷうちゃんが、倣いたいのが、その意味での「私」であって欲しいと願う。

by shiho_kato | 2018-04-10 22:43 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

旗振り当番

今日はむむちゃん、ぷうちゃんの始業式だ。

私の勤務校はもう一日遅い。
この一日のズレのおかげで、今日はぷうちゃん、むむちゃんの始まりの日に思いをかけることができる。


昨年はPTA、今年は校外委員。
今日は、旗振り当番の日。

新年度、初登校の子どもたちに「おはよう」のあいさつをしながら、迎え、見送る。

ドキドキしてる?ワクワクしてる?そわそわしてる?
不安な気持ち?重たい気持ち?憂鬱な気持ち?

明るい光の中に隠れた心模様を、覗き込みたい気持ちを押しやるように
黄色い旗を真横に立てて、「おはようー。」の声をかける。



子どもたちの、一日の始まりが平穏でありますように。
祈りを込めながら、通学路に立つ。
時間に追われてさえいなければ、旗振り当番、毎日やってもいいくらい。




by shiho_kato | 2018-04-06 16:12 | 私ノート | Comments(0)

今年の桜@高尾山

むむちゃん、ぷうちゃんと高尾山へ。

数日前にお誘いすると、
ぷうちゃんは「行く行く~~!」、むむちゃんは「宿題終わって無い~~!」

前日に「どう行けそう?」と訊くと、
ぷうちゃんは「行ける行ける~!」。

むむちゃんが「行けるよ~。」と答えると、ぷうちゃんが「やったぁ~~!!むむも行ける~~!!」
ぷうちゃんのものスゴイ喜びようは、むむちゃんが照れるほど。

いつまで、こんなぷうちゃんで居てくれるかしら。
一緒に過ごす日を喜べる時に、一緒に過ごす時間を選んで良かった。
仕事を休んで、春休みのお出かけをすることにして良かった。
しみじみと嬉しい。


良いお天気。
電車に揺られて1時間半あまり。

高尾山も桜は散り始めているけれど、明るい陽射しの中で緑の混ざる桜も美しい。

4月1日から5月末まで高尾山スタンプラリーを実施中。
スタンプが押せるルートを行くことにした。
d0134102_16282586.jpg
鮮やかな紫ピンクのつつじは何ツツジかしら。
d0134102_16294926.jpg
リフトで中腹までのぼる。
d0134102_16300160.jpg
薬王院へお詣りすると、むむちゃんが「あ、ここ、嵐が来てたところだ!」
テンションがあがる。
d0134102_16290102.jpg
薬王院の4種類のおみくじは、それぞれ異なる種類を引く。
「嵐は恋みくじを引いてた~!!」けどむむちゃんは開運みくじを引く。
d0134102_16352618.jpg
むむちゃん、ぷうちゃんは大吉。私は小吉。小吉のわりに、良いことが書かれている。

「嵐が食べたお団子~!!」
ごま団子でチャージした後は
d0134102_16360949.jpg

「嵐が歩いた階段だ~!!」
d0134102_16303176.jpg


薬王院の参道を戻って、4号路へ入りつり橋を渡る。
d0134102_16305256.jpg

山道っぽい道に入るとワクワクしだして、
ふたりして、まごめの遠足の思い出話を次から次へ繰り出しながら、足も前へ前へ。
d0134102_16311318.jpg
最後だけ無言になり、エイエイっとあがり、頂上に到着。
d0134102_16323419.jpg
春霞に富士山は見えないけれど、散りかけの桜にも光があたり満開の花に映る。
d0134102_16312203.jpg

お弁当を食べて、ひと休み。
d0134102_16385874.jpg

下りは6号路。沢沿いを下りる。
d0134102_16413185.jpg
暑い暑いと言っていたぷうちゃんは、沢の水にたびたび触れて、ほてった体を冷やしながら。
d0134102_16320714.jpg
下りはいっそう足も軽やか。
琵琶滝でスタンプを押して、
d0134102_16425288.jpg
少し行けば、山道もおしまい。
d0134102_16433729.jpg
高尾まんじゅうを食べて
d0134102_16470082.jpg
高尾山口駅直結の極楽湯へ。
温泉で手足を伸ばしてのーびのび。
ぷうちゃんは、我慢してきたソフトクリームのご褒美にやっとありつけた。
(極楽湯には抹茶ソフトはあるけれど、チョコソフトが無いことを備忘録として)
d0134102_16475935.jpg

帰りの電車の中でうつらうつら。
d0134102_16324508.jpg
いっぱい歩いて、一日中外で過ごして、ほどよく疲れたかな。
明日はゆっくりのんびり一日休んで、明後日からの新年度をゆるりとスタートできますように。
d0134102_16523332.jpg

by shiho_kato | 2018-04-04 18:59 | むむちゃんとぷうちゃん | Comments(0)

今年の桜@陸王杯行田市鉄剣マラソン

行田市鉄剣マラソンは『陸王』の舞台になった場所を走る。

古代蓮の里は、天上の桜のようだった。
d0134102_17030215.jpg
d0134102_17030562.jpg
コースは古墳公園を走る。
川沿いの桜並木を走り、折り返せば桜のトンネル。
桜のトンネルを抜けると、緑萌えるうららかな古墳群の間を縫って、桜の木から木へ渡り歩くように走った。

ただただ幸せな時間。

ご機嫌で駆け抜けた。
d0134102_17072008.jpg
d0134102_17023790.jpg
忍城址も、見事な桜だった。
d0134102_17064806.jpg

走ることが趣味となり、あちこちに出かける機会が増えた。

走りに行くために出かけた先で、ステキな風景や、ステキな食べ物や、ステキな焼き物や、ステキな人に出会える。

今年の春は、天国のような行田の桜に出会えうことができた。
幸せな春だ。



by shiho_kato | 2018-04-01 17:00 | 私ノート | Comments(0)